協会沿革|一般財団法人 健康医学予防協会

協会沿革

協会沿革

平成28年
(2016年)
東新潟健診プラザリニューアルオープン
新潟健診プラザ竣工 男女別フロアー新設
新潟健診プラザ 新潟市中央区紫竹山移転及び事業開始
脳ドック開始(MRI装置導入)
平成27年
(2015年)
一般財団法人日本情報処理開発協会のPマーク5回目更新認定
新潟健診プラザ新築工事着工
平成26年
(2014年)
新潟市中央区紫竹山(旧新潟市民病院跡地)土地購入
平成25年
(2013年)
JKA競輪補助事業による胃胸部併用X線デジタル検診車を整備
財団法人日本情報処理開発協会のPマーク4回目更新認定
平成23年
(2011年)
一般財団法人健康医学予防協会に商号変更
新潟総合健診センター、長岡健康管理センターにマルチスライスCTを導入
がん検診企業アクション推進パートナー企業登録
財団法人日本情報処理開発協会のPマーク3回目更新認定
平成21年
(2009年)
マンモグラフィ検診精度管理中央委員会マンモグラフィ検診施設画像認定
財団法人日本情報処理開発協会のPマーク2回目更新認定
平成20年
(2008年)
健診結果デジタル収集システム導入
デジタルX線装置及び医用画像システムの導入
平成19年
(2007年)
長岡市に長岡健康管理センター開設
財団法人日本情報処理開発協会のプライバシーマーク使用認定
本部増設 (事務棟)
平成18年
(2006年)
経鼻内視鏡検査導入
日本超音波検査学会入会
平成16年
(2004年)
社団法人日本消化器集団検診学会入会
日本人間ドック学会入会
平成15年
(2003年)
機関誌「kenko」発刊
平成13年
(2001年)
本部増設 (人間ドック棟を増設)
平成11年
(1999年)
全国労働衛生団体連合会労働衛生機関評価認定
政府管掌健康保険(現:全国健康保険協会)生活習慣予防健診指定医療機関の認定
平成10年
(1998年)
新潟市はなみずきに新潟総合健診センター、診療所を建設、同所に本部を移転
平成9年
(1997年)
日本病院会優良自動化健診施設の認定
健康保険組合連合会入会
平成8年
(1996年)
社団法人全国労働衛生団体連合会入会
平成7年
(1995年)
社団法人日本病院会入会
日本総合健診医学会入会
平成6年
(1994年)
新潟市に新潟事業部、診療所、総合健診センター開設
平成5年
(1993年)
財団法人健康医学予防協会に改名
中央労働災害防止協会名簿登載健康診断機関入会
平成4年
(1992年)
骨粗鬆症学会協賛
働く人の健康づくり協会入会
平成3年
(1991年)
全国初の骨密度測定装置搭載車の導入
平成2年
(1990年)
財団法人日本対がん協会入会
昭和59年
(1984年)
北蒲原郡中条町(現:胎内市)に財団法人新潟県老年医学予防協会設立
  • 新潟健診プラザ
  • 東新潟健診プラザ
  • 長岡事業所
  • 下越巡回健診センター

ページトップへ