特定健康診査|一般財団法人 健康医学予防協会

健康診断

特定健康診査

平成19年度まで各市町村が実施していた「住民健診(基本健康診査)」は、平成20年4月1日から各医療保険者(健康保険証を発行している機関)が実施する「特定健康診査」「特定保健指導」に変わりました。
40歳から74歳の人を対象に、メタボリックシンドロームの予防・解消に重点をおいた特定健康診査、いわゆるメタボ健診が始まりました。

特定健康診査の診査内容

身長、体重、腹囲、BMI 、血圧、肝機能、血中脂質、血糖、尿、診察

特定健康診査とは?

今までの健康診断では病気の人を見つける事が目的でしたが、特定健康診査では、内臓脂肪型肥満を見つけるための腹囲測定や、心臓病や脳卒中などの危険因子を判定するのに効果的な、LDLコレステロール検査項目を加え、メタボリックシンドロームの該当者や予備群をいち早く見つけ、生活習慣を改善するための「特定保健指導」を行うことで、病気を予防することが主な目的です。
(生活習慣病を治療中の人は対象となりません)

特定健康診査

●メタボリックシンドロームとは?

内臓脂肪型肥満+追加リスク項目

メタボリックシンドロームとはおなか周りに脂肪が付き、ウエストサイズが太くなっている内臓脂肪型肥満に加え、高血圧・高血糖・脂質異常などの生活習慣病の危険因子が2つ以上ある状態をいいます。(※1項目が該当の場合は予備群)

特定保健指導と支援内容

特定保健指導は、階層化により「動機づけ支援」「積極的支援」に該当した人に対して実施されます。特定保健指導の目的は、対象者が自分の健康状態を自覚し、生活習慣の改善のための自主的な取り組みを継続的に行うことができるようにすることにあり、対象者が健康的な生活に自ら改善できるよう様々な働きかけやアドバイスを行います。

情報提供
特定健診受診者全員が対象です。 健診・問診結果・年齢などを総合し、結果を提供いたします。個人の生活習慣やその改善に関する基本的な情報を資料で提供いたします。
動機付け支援
生活習慣の改善が必要と判断された方に、生活習慣の改善点にもとづき、目標を設定し行動できるように支援します。保健指導終了後もその生活が継続できることを目指します。 <初回> 1人20分以上の個別面談等 <6ヶ月後> 電話・メール・手紙等で行動目標の実施効果を評価します。
積極的支援
生活習慣の改善が必要と判断された方に、生活習慣の改善点にもとづき、目標を設定し行動できるように支援します。対象者へは、行動目標を達成できるように、3か月以上の継続的な支援プログラムを行います。保健指導終了後もその生活が継続できることを目指します。
<初回> 1人20分以上の個別面談等
--- 3か月以上の継続的な支援 ---
<6ヶ月後> 電話・メール・手紙等で行動目標の実施効果を評価します。

インターネット予約

  • 料金案内
  • お問い合わせ

特定健診に関するお問い合わせ

健康診断よくある質問

健康診断を受診されるにあたって、寄せられる質問と回答を掲載していきます。

健康診断に関する質問集へ

  • 新潟健診プラザ
  • 東新潟健診プラザ
  • 長岡事業所
  • 下越巡回健診センター

ページトップへ